1. Home
  2. 葬儀の流れ

葬儀の流れ

1. 葬儀の流れ

病院、ご自宅に関わらず、中京葬儀までご一報ください。寝台車にてお迎えに参ります。
名古屋市外でお亡くなりになった場合も、お気軽にご一報ください。
フリーダイアル 0120-11-0051

2. 搬送

安置いただく場所(斎場またはご自宅)までご遺体を搬送いたします。

3. ご遺体安置

ご遺体を自宅または式場に安置し、枕飾りを設営させていただきます。
枕飾りとはご臨終からお通夜が始まるまでの臨時の祭壇です。

4. 寺院への依頼

ご寺院に予定を伺い、葬儀をお願いします。
各宗旨宗派に応じて、ご寺院のご手配もさせていただきます。お気軽にご相談ください。

5. お打ち合わせ

生前の故人の想いやご家族のご意向をじっくりとお伺いし、ご葬儀の内容や式場、規模、ご予算などを打ち合わせさせていただきます。
ご臨終後は、何かと慌ただしく時間が経過します。もしも…の時に慌てないよう、事前にご相談いただくことをお勧めいたします。(ご相談・お見積り等、いっさい無料です。)

6. 関係者への 死亡連絡

親戚・勤務先・近所等へ手分けして死亡報告と通夜・葬儀の日時を伝えます。

7. 葬儀の準備

打ち合わせの内容に即して、式場の設営等の準備をさせていただきます。

8. 納棺の儀

ご遺体を納棺し、愛用の衣服や手回り品などもいっしょに納めます。
お化粧やエンバーミングなどのご要望にも適切に対応させていただきます。

9. 死亡届・ 火葬許可書の 取得

通夜までの医師から死亡診断書を受け取り、死亡届・火葬許可書を受け取ります。
経験豊富なスタッフが、状況に応じて臨機応変にサポートいたしますのでご安心ください。

10. 通夜

喪主から順に焼香を行います。また、通夜終了後は茶菓子など手軽なもので弔問者をおもてなしします。

11. 葬儀の 確認事項

焼香の順番や葬儀及び出棺の際の最終打ち合わせを行います。
急な変更事項があった場合も迅速に対応させていただきます。

12. 葬儀・告別式

導師入場・開式の辞・読経・焼香・閉式の辞・導師退場の順に進行します。
葬儀・告別式は友引の日を避けるのが通例でしたが、近年では、時間設定のゆとりや式場を押さえやすい理由から、友引に葬儀・告別式を行うケースも増えています。
  • ※名古屋市では火葬場が休業の友引日があります。必ず葬儀社にご確認ください。

13. 出棺の儀

ご遺体を花で飾り、最後のお別れを行った後、関係者により霊柩車までお柩をお運びし、会葬者の皆様に喪主様が挨拶した後、火葬場へ向かいます。

14. 火葬

火葬場にて火葬場係員の指示のもと火葬を行います
  • ※名古屋市は人数制限がありますのでご注意ください。

15. お骨上げ

ご遺骨は、喪主から順番にお骨箱に納めます。

16. 初七日法要

ご遺骨を中陰檀に安置し、読経をしていただきます。

17. 精進落とし

故人にゆかりのある方や、葬儀でお世話になった方々を、お酒やお料理でもてなします。

葬儀が 終わった後も

遺品の整理に関するご相談、その他、申請書類上の事務的な問題。お香典返しや法要に関するご相談など、葬儀が終わった後でも、何なりとお気軽にご相談ください。

もしも…の時に備えて

「あんなふうにすればよかった」「もっとこうすればよかった」…など、決して後悔することのないよう、中京葬儀では事前にご相談いただくことをお勧めしています。「まだ亡くなってもいないのに、そんな不遜な…」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、臨終から葬儀までの時間はあまりに短すぎます。ある程度の心のゆとりをもった状態で葬儀を考えることが、故人やご家族にとって最良であると私たちは考えています。

▲ページのトップへ